• ブライトWとは
  • ママさんの声
  • お洗濯の裏技
  • ママさんバレーへの想い
ユニフォームのニオイ汚れ
なんとかしたい
練習や試合が終わって、大量にかいた汗を吸いこんだユニフォームやトレーニングウェア。
何度かお洗濯しているうちに黄ばんできたり、ニオイが落ちにくくなってしまうことも。
そんなしつこいユニフォームやトレーニングウェアの汚れには、
スーパーNANOXとブライトWを使った「つけおき洗い」がオススメです!
ユニフォームの黄ばみやニオイは
洗剤とブライトWのあわせ技の
「つけおき洗い」で解決!

使い込んだユニフォームやトレーニングウェアに洗濯後も残るニオイの原因は、通常の洗濯では落としきれずに蓄積した「皮脂汚れ」や「たんぱく質汚れ」。

洗濯してもニオイが落ちなくなったら、「つけおき洗い」でセンイの奥に蓄積した汚れをしっかり落としましょう。
つけおき洗いには、皮脂汚れに強い「スーパーNANOX」だけでなく、液体酸素系漂白剤「ブライトW」もあわせて使用すると効果がアップします。

*つけおき洗いをする前に、酸素系漂白剤が使用できるかどうか、長時間水に濡らして色落ちしないかなど洗濯表示を確認しましょう。

つけおき洗いの手順
1. 濃い目の洗剤液をつくる
洗濯桶などにユニフォームが浸かるくらいのぬるま湯(約40℃)を入れ、
洗濯機で洗濯する時の1回分の洗剤(スーパーNANOX)を入れます。
さらに、液体酸素系漂白剤(ブライトW)を合わせて使えば、より効果がアップ。漂白パワージェルのチカラで色柄物も、白物も衣類本来の白さをキープします。
2. ユニフォームを入れて、30分~2時間つけおき
黄ばみ・ニオイの程度に応じて30分から2時間つけおきします。
3. 洗剤液ごと洗濯機で洗う
つけおきしたユニフォームと洗剤液をそのまま洗濯機に入れ、ほかの衣類も一緒に入れて普段通りのお洗濯をします。

さらに!お役立ち

着用とお洗濯を10回繰り返したスポーツウェアを着て約1時間運動し、ウェアを半分にカット。
一方を「通常のお洗濯」、もう一方は「つけおき洗い」で効果検証したところ、「つけおき洗い」をしたほうがニオイが抑えられていることがわかります。

大切なユニフォームやトレーニングウェアの汗や皮脂をしっかり落とし黄ばみを防ぐため、スーパーNANOXとブライトWを使ったつけおき洗いで、ユニフォームのキレイをキープしましょう。

おすすめアイテム

トップ スーパーNANOX
(ナノックス)
黄ばみ・黒ずみ・ニオイ汚れなどのお洗濯悩み、あきらめていませんか? 超コンパクト洗剤 トップ スーパーNANOX(ナノックス)なら、センイ1本1本から徹底クレンジング! 汚れ残りゼロへ!
ブライトW
半年後も白さに差がつく衣料用漂白剤「ブライトW(ダブル)」。ついた汚れをしっかり落とし、次の汚れまで落ちやすくする“クリア漂白”で、ワイシャツの黄ばみ・黒ずみや、シミ・泥汚れ・加齢臭・部屋干し臭など、お洗濯悩みから卒業! 酸素系だから色柄物にも。
TOPへ